沿革

茨城県古河市に自社工場を建設した1980年代半ばから、一貫加工生産の洋傘メーカーとして、各問屋筋への商品提供を開始。1980年代末、洋傘部門の企画開発および洋傘製造職人の育成を目指し東京洋傘学院を設立する。その後、海外生産商品の輸入増加に伴いアパレルの別注専門メーカーとして国内生産の維持に努め、国内外の有名ブランド数十社のOEM受注生産に傾注する。やがてバブル崩壊後の「ブランド再構築の流れ」と職人の高齢化、また原材料を輸入で賄っている国内状況から、より効率的で将来性のある製造の場を求め、1991年から中国大陸に生産拠点を移転する。

1986年 ショールームを代官山に開設
1994年 本社・営業本部・ショールームを自由が丘に移転
年間販売数量350万本
1999年 営業本部を東京都目黒区平町に移転
年間販売数量450万本
2000年 2月よりSUPER VLE 500®シリーズの展開開始
8月より同シリーズのフランチャイズ及びパートナーショップシステムを開始(現在は定数オーバーのため募集しておりません)
2001年 年間販売数量1200万本
2002年 3月、携帯電話サイズの5段折りたたみ傘「ポケミニ®」(特許登録済)を発売
2003年 オリジナルキャラクターおよび有名キャラクターのライセンス製品SUPER VLE 500®シリーズとして企画開発、展開開始
年間販売数量1700万本
2004年 10月、超薄型折りたたみ傘「ポケットフラット®」(特許、意匠登録済)を発売
2005年 1月、2004年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞受賞(「ポケットフラット®」)
2006年 年間販売数量2000万本
2007年 SUPER VLE 1000®シリーズ展開開始
2008年 3月、極細折りたたみ傘「ファイブスター®」(特許、意匠登録済)を発売
2009年 5月、新ショールーム「ギャラリーWATERFRONT」を田園調布に開設
2010年 自動閉式折りたたみ傘「ワンタッチエアクローズ®」を発売
発売から3年を迎えたソフトジャンプが、累計販売本数20万本を突破
2011年 4月、遮熱機能に優れた傘「COOL-TECH®」を発売
2012年 3月、最軽量の5段式折りたたみ傘「モバイルフラット®プラス」を発売