ポリシー

高くて品質がよいものはよくある。 品質はそのまま、いかに価格を下げられるかで、 商品の価値が決まる、と私たちは考えます。

サプライズを呼ぶプライス

もし、高品質な商品が予想をはるかに下回る値段で売られていたとしたら。その魅力はきっと単なる「満足」から大きな「驚き」へと変わるはず。ウォーターフロントは、機能、品質、ファッション性ともに高い水準でありながら、予想をはるかに下回る販売価格を実現したラインナップが充実しています。良い買い物をしたと心から喜んでいただける。私たちがお届けしたいのは、そんな感動を呼び、お店の「顔」になりうる商品です。

クオリティ・ファーストの物づくり

本当に満足していただけるものだけをお届けするために。ウォーターフロント(waterfront)の商品企画は品質にこだわることを前提に始まります。骨にはステンレスやカーボン、手元には天然木や籐、竹、合成皮革張りなどを贅沢に使用。その上で安く提供するための資材調達や生産ラインの構築に全力を傾けます。パーツの生産、組み立てを行うアジア各地の工場には当社社員が毎月足を運び、品質管理を徹底。常により良い生産方法、材料を取り入れています。

商品により多くの価値があれば、それが本当の意味でのブランドになると私たちは信じています。

500アイテムのポテンシャル

現在ウォーターフロント(waterfront)の販売実績は年間2050万本、年間1億2000万本と言われる洋傘市場の17%になります。良いものは売れる。数が出るから強いのです。売れ続ける秘密は、500種類を越えるラインナップの豊富さ。デザインも色柄とも多彩に揃えており、TPOやファッションに併せて持ち替えるという新しい提案を可能にしています。つまり、機能やおしゃれを楽しみながら、お一人で何本でも買っていただけるのです。

終わりなきパイオニアスピリット

洋傘メーカーとして長年蓄積された技術を製品作りに注ぎ込む一方、私たちは決して企画開発の努力を忘れません。デザイン性、機能性、時代性の3要素を常に検証し、年間100種類以上の新アイテムを投入。デザインはもちろん、工夫に工夫を重ねた新しい機能や構造にもチャレンジしています。私たちが目指すもの、それはステイタスに偏ったブランドではなく、いつもお客様の期待に応え、新しい感動を提供し続ける、本当の意味でのブランドです。